幼保連携型認定こども園
和歌山市立芦原認定こども園

教育施設

周辺地域の幼稚園、保育所が統合された定員約150名の市立では初のこども園。

出来るだけ本物の素材を使うことと、色んな素材を組み合わすことを心がけました。
様々な素材を子供たちが見て、触れて、何かを感じ、刺激を受けて成長していくことを望んでいます。

玄関ホール。木の温かみでお出迎え。開口部にも遊びゴコロを。

2階ホール。木で囲ったEV。

EV昇降路ももデザインのアクセントとなるように。

紀州材でつくられた本棚。

紀州材のロッカーに紀州材の床。

均一的な保育室にならないように。青にしたり黄にしたり。自分の部屋に愛着を持って。

遊戯室。天井にアクセントカラー。単調な空間とならないように。

玄関ホールは2階ともつながり大きな一体的な空間。

2階のデッキスペース。軒天井、デッキ、サッシは木製。手すりはスチールで。メリハリつけて。

トイレの時間もかわいくたのしく。

先生が見守りもできるように。

廊下からも目が届くように。

大きな玄関の庇。雨の日の送り迎えも混雑しないように。

木、鉄、タイル、コンクリート、セメント板、いろいろな材料を組み合わせて調える。手すりは人間工学に基づいた転びにくく、膝への負担が軽減される手すりを使用。

防犯もしっかりと。

周辺環境にも配慮して植栽スペースを街に開きます

洪水対策で建物を上げています。階段とスロープが良いアクセントに。

鉄と木の組み合わせ。きれいです。

Data

用途
幼保連携型認定こども園
所在地
和歌山市
業務概要
新築設計
構造・規模
鉄骨造・2階建て
延床面積
1700㎥
竣工
2020

Architect

  • MIURA KENICHI
    MIURA KENICHI
  • MATSUMOTO WATARU
    MATSUMOTO WATARU