とりいのいえ

新築

敷地は南側に雄大な山並みを望むことが出来、その山の麓に位置する。前面道路は南側にあり、周囲は住宅に囲まれている。
この土地を読み解き、建物を計画する。

先ずは、南側の山並みを望む開口部が重要になると考えた。
前面道路が南側の建物は開口がそのまま建物の顔となるためどのように開口部を切り取るかが重要である。
また、周囲の住宅が密接しており、後から建つこの建物が周囲に圧迫感を与えない事を考慮した。
建物のボリュームを抑えコンパクトに配置し、前面道路と敷地の間の境界には塀等の威圧的な構造物を設けず開放的な敷地とする。

しかし、これらのことは建物内のプライバシーと大きな関係性を持つ。
南側前面道路に対し、開口部と塀を持たない境界、安易な計画では視線も動線も繋がりすぎる。
そこで南面の開口部は最小限の4箇所。玄関、リビング2箇所、物干場とする。

玄関の開口はその奥に設けた中庭を切り取り、また建物への出入りをする場としてそのシーンを切り取る。
リビング前にはデッキスペースを設け、その場は観葉植物等を配置したり、椅子やテーブルを配置し読書や軽食をしたり・・・、
それぞれリビングと外部の中間領域として存在する場となり、そのシーンを開口部が切り取る。
物干場では単に洗濯物が干される場ではなく、一定の大きさの開口の中に囲われることで、
その中で干される洗濯物が店舗に配列している商品であるかのような効果をもたらし、その場を存在させる。

つまり、これらの開口部は内外の中間領域としてそれぞれの場を存在させ、
直接内外を繋がず、間接的に繋ぐことでプライバシーを守ることとし、
その場を切り取るような開口によってファサードを形成する計画とした。

また、リビングの開口は床レベルを上げる事で、外部からリビングへ直接進入するような動線を断ち、
視覚的には前庭と山並みの眺望を上下に望むこととした。

そして、床レベルの上がったリビングを建物の中心にして各室を配置し、
どの断面部においても無駄のない計画とし建物のボリュームを抑えた。
これがこの敷地に建つ建物として、周囲の自然や町に対する解答であると考える。

Data

用途
住宅
所在地
和歌山県海南市鳥居
業務概要
住宅の新築

Architect

  • MATSUMOTO WATARU
    MATSUMOTO WATARU