西国分の家

新築

敷地は民家と田畑が混在する地域で、親世帯の隣地に建築主の住居を建てることになった。
家族構成は30代の夫婦と子供1人、今後子供も増えていく予定だ。
建築主は真面目な消防士。日々の鍛練を家でもできるようトレーニングルームを設け、仮眠や試験勉強のための予備室を2階に設けている。
家族は主に1階に集い生活をするため、機能的な間取りと居心地のよい空間に仕上げた。

家族の衣類は、1階北側の広い収納部屋で全員分をまとめて管理できるようにした。衣替えも毎日の管理も手間が省ける。
車から降ろしたベビーカーや自転車は、パントリーの北隣りへ収納できる。パントリーからは屋外と行き来ができ、ゴミ出しや買い物後の動線がスムーズである。

食堂の両側の窓からは、ウッドデッキに出ることができ、外と内をゆるやかにつなぐ。
台所から居間・和室、それに居間から2階吹抜・収納へは、それぞれに視線が抜けて解放感を生み出す。
ほとんどの天井は梁現しし、連続性を持たせている。
2階のバルコニーは長く配置し、たくさん布団を干せるようにした。また、夏には家族で花火をここから眺める。

Data

用途
住宅
所在地
和歌山県岩出市
業務概要
住宅の新築
構造・規模
木造・2階建て
延床面積
170㎡

Architect

  • MATSUMOTO WATARU
    MATSUMOTO WATARU