「工事監理者」はだれですか?

建物を建てる前に法律で定められた検査機関に「確認申請書」を提出し「確認済証」の交付を受けなければ、工事を開始出来ません。このことは多くの方がご存知だと思います。

その確認申請書には、建築主の氏名はもちろん、設計者と工事監理者の氏名を記入します。設計者の存在はみなさんご存知だと思います。 しかし、「工事監理者」の存在をご存知のかたは少ないのではないでしょうか?

あなたの自分の建物の工事監理者は誰なのか知っていますか?

法律でも、建物の工事をするときには工事監理者を定めなければならないと明記されており、その役割は

「工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認」

することとあります。

「建築士は、工事監理を行う場合において、工事が設計図書のとおりに実施されていないと認めるときは、直ちに、工事施工者に注意を与え、工事施工者がこれに従わないときは、その旨を建築主に報告しなければならない。」

とも定められています。設計と同様、工事監理も建築士の資格を持ったものでないと出来ません。

なんて便利な制度でしょう。建築主の代わりに工事をチェックする建築士を選定してから建物の申請をしなさいと法律で定められているのです。

それなのに、最近都市部では、建築中の現場の検査を第三者の建築士に依頼する方が少なからずおられます。欠陥住宅などの問題もあるけど、工事のどこをどう見ればよいのか素人では不安だしという方が、依頼されるようです。

どんな建物でも「工事監理者」が必ずいるはずなのに。一般の人がそんな心配をしなくていいように、建築士という資格を持った専門家が工事監理者として存在しているはずなのに。


よく勘違いされますが、現場の監督さんとは違います。

施工会社の現場監督さんが行うのは「管理」で、
我々設計者である建築士が行うのは「監理」です。

仕事の内容も違いますし、必要な資格も違います。

「工事監理者」の存在を知らない方が非常に多いのです。
少し前の話ですが、構造計算書偽造問題というのが一時世の中を賑わせました。
国会で証人喚問まで行ったのでご存知のかたは多いと思います。

しかしそこで取り上げられたのは、構造設計を行った某建築士と、
工事を行ったゼネコン、計算書の審査を行った検査機関でした。

  1. 偽装を行った某建築士は当然許されるものではない。
  2. 明らかに少ない鉄筋量で工事を行ったゼネコンはそれを見抜けなかったのか。
  3. 偽装を見抜けなかった検査機関に責任はないのか。

が大まかな問題点でした。しかしここでも工事監理者はその名前すら出てきません。
国会中継を見ていても、だれも触れようとしませんでした。
図面通りかどうかを確認するのが工事監理者ですから、罪はないとも言えますが、それなら建設会社にも罪はないはずです。

工事監理も専門知識をもった建築士でないと出来ないのです。工事現場で鉄筋の確認をした時に「あれ?少ない?」と思ってもおかしくありません。
工事監理者が国会に呼ばれることはありませんでした。
工事監理者が建設会社所属の建築士だったのか、独立した第3者の建築士だったのかも分かりませんでした。
とても不可解でした。

まるで、「工事監理者」という法律で定められた者の存在が明るみに出ると困るかのように、
その存在が無視されていました。

建物を建てるときは必ず、「設計者」と「工事監理者」が誰なのかを確認して下さい。

「工事監理者」がどのような工事監理を行ったのか、確認して下さい。
法律で工事監理の結果を建築主に報告しなさいと定められているのです。

建物に法的な不備があった場合や、偽装を行なった場合など、
そして実際は行うつもりはないのに、「設計者」や「工事監理者」として名義だけ貸している場合などにおいて、
全て罰せられるのは建築士の資格を持ち、確認申請書に記載されている「設計者」であり、「工事監理者」なのです。

少なくとも、一般的な設計事務所の結ぶ契約書は、
「設計・監理業務」となっているはずです。
工事監理も業務として行い報酬を頂くからです。

工事監理者はもちろん、
もしかすると自分の家の設計者すらも誰なのか知らない人も多いのではないでしょうか?少なくとも書類上は存在するのです。きちんと工事監理をしてもらいましょう。

繰り返しますが、建築士の名義貸しは処分を受けるのです。

※国土交通省では【一級建築士の懲戒処分について】として、懲戒処分を行った1級建築士の氏名とその内容を定期的に公表しています。