映画鑑賞メモ(映画鑑賞メモ_Vol.4)星5つの映画は!?

30代のとき、必ず週一回映画館のスクリーンで映画を観るということを自分に課していました。お金を払ってこそ文句を言う権利があると思っていました。何故でしょう。とりあえず映画館に行ってからその日に見る映画を決めていました。観たいと思う映画がなくても観なくてはならないという苦行のようなときもありました。貸切状態でその映画を観ているのは自分一人というときも何度もありました。その時の鑑賞メモです。
満点は★5つ。

他の映画鑑賞メモはこちら > 梅雨明けを待つ間に。(映画鑑賞メモ_Vol.3)

earth ★★★★★

素晴らしい映像だった。どのようにして撮ったのだろう…。感動の一言でよいだろう。(LASTはイマイチだが)心地よく眠くなる。

犯人に告ぐ ★★★.5

ほぼ原作通りだったが、犯人とのやり取りをもう少し長く観ていたかった。詰め込みすぎ?でも面白い。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ ★★

『青春アクション、格闘活劇、ジャンプ、SF、ラブコメ、ファンタジー、おたく、片岡義男』的。

チャプター・27 ★★★

ジョン・レノン暗殺。ドキドキした。有名人を殺したい動機の描写がありがちだが、面白かった。事実ならそういうのも仕方がない。

歓喜の歌 ★★★.5

志の輔の創作落語が原作。小林薫が非常に良い。「陽気なぬい方」が良かった。原作落語を非常に聞きたい。笑いと涙の娯楽映画。

タロットカード殺人事件 ★★★

うーん。面白い。面白いが、古いタイプの映画を今撮ったら、という感じ。わざとだろうが深夜番組のよう。

死神の精度 ★★★★

原作を読んでいないと解りづらいか。読んでいると微妙な表情の意味もわかり面白い。これは映画の勝ちか。

クルーバーフィールド ★★★★★

観終わった瞬間、観なきゃよかったと思った。非常にユウウツでやるせなくなる映画。スゴイ!!